「転職サイト」「転職エージェント」の違い

python 資格試験の申し込み!問題の対策や難易度!教材や模擬!就職先は?

python の資格試験の難易度!

Pythonに関する資格として「Python 3 エンジニア認定基礎試験」があります。

基礎文法などが問われる全40問からなります。

内容は専門的ですが、そこまでの難易度ではないようです。

python 資格試験の申し込み方法!

 

MEMO
Python 3 エンジニア認定基礎試験は「一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会」の公式サイトから詳しい内容の確認と申し込みができます。

 

スポンサードリンク

 

python 教材や模擬試験!

Pythonは実際の開発現場でも使われるメジャーな言語であるため、多くのテキストが市販されています。
上級者はもちろんプログラミングは全くの初心者という方でもとっつきやすい本もあります。

Pythonスタートブック」、「独習Python入門」、「みんなのPython」といった本はオススメなので、まずはそれらから見てみてください!

 

受験には1万円かかるので、まずは無料で受けられる模擬試験で到達度を試すと安心して受けられると思います。

MEMO
模擬試験を受けられるサイトはこちら

python 資格試験 問題の対策!

推奨されている「Python チュートリアル」という教本をメインに勉強します。

Amazonで確認する

 

基本的にはこれをしっかり理解できているかが大事です。

 

スポンサードリンク

 

pythonの資格で就職先!

自ら学習するという人間に近い知性をもつAI(人工知能)は、今まで人間にしか不可能と思われたことを次々と可能にしました。

「無人運転」といった技術すら2020年くらいには部分的に実用化するのではないかと考えられ、様々な検証が進められています。

 

 

ただしAIには希望を感じますが、人間の仕事を奪ってしまうのではないかという不安もあります。

例えば「銀行員」といえばこれまでは、リストラなどが少なく定年まで勤められる安定した仕事でした。

しかしメガバンクが大規模な人員整理を行う計画を発表するなど、今では安泰の仕事ではないです。

 

 

これからも進んでいくであろう社会のAI化は仕事のあり方を大きく変えそうで、誰にとっても無関係ではありません。

そんな消えてしまうかもしれないと危惧される職業がある一方で、これから必要性が増すと考えられる仕事もあります。

その代表的なものが「エンジニア」です。

 

プログラムを組み、AIを扱う側のエンジニアは分野を問わず重宝され、高いスキルがあれば安定してかつ高収入な仕事になっていきそうです。

プログラムに使う言語は数ありますが、なかでも汎用性が高いのは「Python(パイソン)」という言語です。

 

ディープラーニングといったAIに深く関わるpython言語の習得を条件としている求人の平均年収は601万円でした(大手の求人情報サイト「スタンバイ」調べ)。

 

SEをはじめ多数の就職先が用意されています。

 

 

エンジニアに特化した求人サイト「レバテックエキスパート」では無料でエンジニアの就職相談も行っています。

レバテック 公式サイト

 

転職や就職の無料相談

AIリストラや代替される不安も職案サイト「ハタラクティブ」で早めに解消しましょう

 
  1. 無料で就職の相談ができる
  2. 未経験OK企業を多く扱っている
  3. 数年後を視野に入れたお仕事選び
  4. 書類審査通過91.4% 内定率80.4%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!