「転職サイト」「転職エージェント」の違い

pythonで何ができる?具体的にできること!作れるものの実用例!機械学習で株価予想・株価予測!株価分析・ローソク足のチャート!FXのアルゴリズムトレードや自動売買bot!

pythonで何ができる?

「Python(パイソン)」という言葉をご存知でしょうか?

エンジニアの方にはなじみがあると思いますが、プログラミングを行うための言語のことです。

この言語を使ってコードを書くことで、コンピューターに多くの指示や命令を出せます。

 

プログラミング言語は数あれど、Pythonは他のC言語などに比べて扱いやすく、汎用性が高いことが特徴。

Pythonを習得していることが条件の求人は平均年収が600万円を越えることもあり、その需要の高さを示しています。

もはやエンジニアには学習必至の言語と言えるでしょう。

Pythonで具体的にできること!

Pythonを使ってできることは非常に多様で、最近話題のAI(人工知能)や機械学習と行った分野も含みます。

AIはで具体的にできる事は下記のような内容はもちろんです。

  1. 受付ロボット
  2. AI医療
  3. 対話エージェント
  4. 無人運転

 

物や技術に応用されていますが、その流れは今後も拡大して社会を変化させていくことが予測されます。

Pythonを学べばそんな最先端な技術のプログラミングもできるんです!

Pythonで作れるもの実用例!

PythonはWebアプリケーションを作れます。

代表的なものでは「YouTube」に「Instagram」など。

もはや説明不要のアプリですが、これらもPythonによって生み出されたものです。

 

よりマイナーなものも含めれば、数え切れません。

またデータの解析分析を行うツールも作れます。

お店の売上の変化の原因を解析したり、キャンペーンの効果を図るのにそういったツールはとても有効です。

機械学習で株価予想・株価予測

機械学習はコンピューター自らがデータを集めて学習し、答えを出したり将来を予測するAIとも密接に関わる技術です。

ここで紹介しているPythonも機械学習をプログラムできる言語ですが、この実用的な利用法として「株価の予想」があります。

既にサービスを始めているものが日経平均騰落予想AI「F-Trader」です

F-Trder 公式サイト

Pythonでローソク足のチャート・株価分析

従来は熟練の知識や経験が必要で素人が手を出すと損しがちな株でしたが、機械学習の技術を用いることで勝率を高められます。

いわゆるローソク足と呼ばれる株価の変動を表したグラフ(チャート)が、今後どう動くか。

 

データを打ち込むことでその予測分析ができます。

100%の精度とはいきませんが、売買の参考になることは間違いありません。

それが沢村一樹さんがCMで放送中のロボアドバイザーウェルスナビ」も該当します。

 

自動で買い付けから資産運用を行ってくれるAIトレードです。

ウェルスナビ 公式サイト

 

PythonでFXのアルゴリズムトレード

資産投資の対象として一般的になったFXの取引にも関わります。

コンピューターが市場の動向を調べて、自動的に売買のタイミングや数量を決める取引を「アルゴリズムトレード」と呼び利益をあげる手段として注目されていますが、そのプログラムもPythonで組めます。

Pythonを学ぶ事で自動売買botを自主制作する事もできるのです。

Pythonで自動売買bot

またPythonでプログラムを組めば、株を自動で売買してくれるbot(特定の作業を繰り返すシステム)も組めます。

仮想通貨でも自動売買botが人気となっていて、既にサービスを開始している「コイトレ」があります。

コイトレ 公式サイト

 

これによって常にチャートを見続ける必要はなく、売値や買値を指定しておけばその場の感情に流されない機械的に株の売買も可能。

コイトレのアプリ詳細

 

チャートが読めない初心者でも資産運用できるのでAIトレードの需要に比例して今後、Pythonはますます需要が高まりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!