「転職サイト」「転職エージェント」の違い

AIが仕事奪う?AIが人間を支配するのはいつ?AIが人間を滅ぼす?

AIが仕事奪う?

AI(人工知能)という言葉が一般的なものになってきました。

AIとは人工知能を意味する「Artificial Intelligence」の略称のことです。

 

学習といった人間の脳の仕組みをコンピュータで模倣したシステムのことで、現在でも翻訳や画像理解のシステムに使われています。

画期的な発明である一方、最近ある懸念がよく話題になります。

それは「AIが人間の仕事を奪ってしまう」ということです。

 

AIは人間が生み出したものですが、人間では到底不可能なタスクを軽々とやってのけてしまうこともあります。

MEMO
とくに単純作業や計算などでは体力や演算スピードに限界のある人間よりも、早くそして正確にこなせていまいます。

 

そのため「レジ打ち係」や「会計士」といった仕事は、将来的にAIに取って替わられてしまうのではないかと考えられています。

実際にもう現段階で、無人レジなどの実証実験もされています。

 

もちろんまだ万能とは言えませんが、例えば芸術といった分野ですらその例外ではないという意見もあります。

 

スポンサードリンク

 

AIが人間を支配するのはいつ?

AIが開発され、世間にその名を知られるようになったのは遡ること1956年頃です。

その頃はまだ一部のゲームといったプログラムなどに用いられるのみでしたが絶えず研究が進むことで以前では考えられなかった仕事まで行えるようになりました。

 

AIロボットがお好み焼きを焼く動画

 

 

例えば「自動運転」などはもうかなり現実的なものになっています。

 

自動運転タクシーの実験動画

 

 

オフィスの受付や、携帯電話ショップに「Pepper君」がいる姿も、もう見慣れたものではないでしょうか。

もちろんこれまで人間が行ってきたつらい仕事を、AIの入ったロボットが行ってくれるのであれば素晴らしいことです。

しかしそうも楽観してばかりはいられません。AIはものすごい勢いで人間に近い存在になりつつあります。

 

人工知能に関する世界的権威のレイ・カーツワイル氏は、著書「シンギュラリティは近い―人類が生命を超越するとき」で下記のようにと予言しています。

MEMO
「2045年には「技術的特異点」というAIの知能が人間を追い越す時代が来る」

 

2045年なんてまだまだ先と思ってませんか?

今から27年後なんてあっという間です。

そのころには私は…56歳になってますね(苦笑)

 

人間より上回るということは、大げさに言えば地球の頂点の座をAIに明け渡してしまうことになります。

そうなってしまうと、人間は自ら生み出したAIに支配される時代が来てしまうのでしょうか?

 

スポンサードリンク

AIは人間を滅ぼす?

このまま加速的にAIの進歩が進むと、どうなってしまうかはわかりません。

何せ人間を越えた賢さをもってしまうので、想像できないからです。

極端な話ですが人間がAIによって滅ぼされてしまうという未来もあるかもしれません。

 

まるで映画「ターミネータ4」の世界です。

(映画は人工知能が自身を停止させようとした人類を敵とみなし、人類滅亡を企てるという話)

 

そのため技術の進歩を賛美する声の一方で、警鐘を鳴らす人もいます。

人間の手には負えないものを作り出すべきではないのではないかと。

  1. さらなる貧富の格差を生む可能性
  2. 人間 vs 機械の戦争といった悲劇的なことが起きる可能性

 

これらを回避するために、高度な技術をどう人間社会の発展に還元していくか様々な検討がされています。

決して他人事でないAIの動向については、これからも注意深く見守っていきたいです。

転職や就職の無料相談

AIリストラや代替される不安も職案サイト「ハタラクティブ」で早めに解消しましょう

 
  1. 無料で就職の相談ができる
  2. 未経験OK企業を多く扱っている
  3. 数年後を視野に入れたお仕事選び
  4. 書類審査通過91.4% 内定率80.4%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!