「転職サイト」「転職エージェント」の違い

AIエンジニア 未経験の求人・新卒採用!文系の需要は?機械学習エンジニアのスキルや仕事内容・年収【人工知能】

 

AIエンジニアの需要【人口知能】

AIエンジニアとは、自ら学習することすら可能なほど高度な知性をもつAI(人工知能)の、設計やプログラミングを行う仕事です。

AIは現段階でもスマホやドローン、各種の家電に組み込まれるなど、社会の様々なシーンで活躍しています。

これから研究が進めばAI市場はさらに拡大していくこと間違いありませんが、AIエンジニアを含むITを担う人材は不足しているのが現状です。

 

経済産業省の発表によると、2020年には約4.8万人ほどの人材不足が生じると予測されています「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」より)。

AIエンジニアの需要は今後さらに高まるでしょう。

文系もAIエンジニアになれる?

AIエンジニアというと理系の仕事のイメージが強いかもしれません。

確かにデータを処理するための数学の知識や、ロジカルな思考はエンジニアには欠かせません。

しかし必ずしも理系でないといけないわけではなく、文系出身でもエンジニアとして活躍している方は多くいます。

 

MEMO
実際の仕事ではお客さんとのコミュニケーション能力や、ヒアリングを通じての問題解決力が問われることもあり、その点では文系のエンジニアの方が優れているとも言えるでしょう。

もちろん技術やスキルがあっての前提ですが、文系だからといってあきらめることはありません。

好奇心や学習欲があればAIエンジニアを目指せます!

 

 

スポンサードリンク

AIエンジニア 未経験の求人・新卒採用

とはいえエンジニアのような技術職は、スキルを身に付けても経験がなければ就職は難しいのでは・・・と思ってしまうかもしれません。

しかし「未経験でも採用します。」という求人もあります。

転職サイト「forkwell」は未経験のエンジニアに特化した就職情報サイトであり、言語や分野別に幅広いエンジニアの仕事を探せるサイトです。

forkwell 公式サイト

機械学習エンジニアの仕事内容

AI(人口知能)に関係する技術の代表的なひとつに「機械学習」があります。

 

機械学習エンジニア
「python(パイソン)」といった言語を使い、実際にAIをプログラミングすることなどが仕事内容です。

スポンサードリンク

機械学習エンジニアの年収

機械学習エンジニアは、扱う言語やスキルの高さによって年収も変わります。

 

汎用性が高く需要もあるpythonを習得していることが条件の求人は、平均年収が600万円を越えるなど、一般的な仕事よりもかなり給与が高い傾向にあります(スタンバイ調べ)。

機械学習エンジニアに必要なスキル

機械学習のエンジニアになるには言語やネットワークなどの「ITスキル」に、データを扱うための「統計解析スキル」が求められます。

本などでも勉強はできますが、オンライン上の学習サービスを使えば、より早く実践的な技術が身につきます。

人工知能プログラミング学習サービス「Aidemy(アイデミー)」はオンライン学習としても本業の片手間で学ぶ事ができるので利便性が高いです。

Aidemy 公式サイト

機械学習エンジニアの求人

機械学習エンジニアの職を探すのであれば、IT・Web系エンジニア・クリエイターの求人に特化した以下のサイトレバテックキャリア」がおすすめです。

豊富な求人のなかから、アドバイザーの相談をもとに自分に合った職場を探せます。

レバテックキャリア 公式サイト

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!