「転職サイト」「転職エージェント」の違い

本田圭佑のプログラミング言語はruby!勉強の理由はなぜ?Githubのユーザー名は本人?仮想通貨の自動売買システム!

本田圭佑のプログラミング言語はruby

本田圭佑選手がワールドカップから戻ってきて、なんと プログラミングを勉強しているようです。

 

しかも1日10時間近くも

最初は基本のタイピングやHTMLか ら始めて、プログラミングの中のrubyを勉強中とのことです。

 

どうやらプロ グラミングの教室に通っているようなのですが、あの忙しい本田圭佑選手ですら、そんなことができるのなら、 自分にもなんとなくできそうな気がしてきます。

ちなみに、本田圭佑選手はただのスポーツ選手ではなく、俳優のウィル・スミスとともにベンチャーファンドを設立、 スタートアップ企業に出資すると発表しています。

つまり、起業もしているビジネスマンでもあるわけで、そこまでの学ぼうとする精神には脱帽です。

 

スポンサードリンク

Githubのユーザー名は本田圭佑本人?

Githubに本田圭佑らしきアカウントの登録があると話題になりました。

Githubとは
Gitをオンライン上で管理するサービスです。

 

これはどうやら本当みたい

いろんなユーザーからTwitterのアカウント名とGithubのユーザー名がとても類似していることが指摘されています。

ただ、それだけでは偶然の可能性もあるので、関係者の話からどうやら、本当に本田圭佑本人であろうと言う結論に至っているのです。

本田圭佑がプログラミングを勉強する理由はなぜ?

プログラミングを勉強する理由は下記の通りだそうです。

MEMO
勉強している理由は投資をするにあたって、エンジニアの気持ちを理解したいから

 

本人が次のように語っていますが、その行動力にはびっくりですよね。

本田圭佑さんのコメントだよ

これから投資家として活動する上で、プロダクトを創るエンジニアの気持ちをわからないことはサッカーで監督が意図を説明出来ないのに勝手にスタメンを決めるのと一緒

Visionとかなぜこのプロダクトをやるのか、のWHY をお互い共有できることが大事。

その上でプログラミングの知識は、その共有が行える最低限無ければお話にならない

 

投資をするのであれば投資だけ勉強するだけでは不十分、他の側面からも物事も見ることができるようにいろんなことを学ぶという本田圭佑選手の姿勢はすごいですね!

 

スポンサードリンク

Rubyで学ぶ仮想通貨の自動売買システム

本田圭佑選手に感化されて自分でもやって見たいと思われる方は多いのではないかと思います。

 

オンライン学習で好きな時間にRubyを学ぶ事がオススメ

オンライン学習「Udemy」では未経験の方にも安心な入門コースが用意されています。

Udemy 公式サイト

 

プログラミング言語Rubyでどんな事ができるか?というと仮想通貨の自動売買システムを作る事ができるのです。

本田圭佑さんもRubyで自動売買システムを開発を行う可能性にもピンと来ました。

 

オンライン学習「Udemy」では「Rubyで作る!ビットコイン自動売買システム」が用意されています

Udemy 公式サイト

 

このコースではまず、本田圭佑選手も学んでいるRubyの基礎を習得することができます。

ステップ1

Udemy公式サイトへアクセスしてね♪

Udemy 公式サイト

ステップ2

検索窓に「ruby」と入力すると、「Rubyで作る!ビットコイン自動売買システム」が表示されるよ♪

Udemy 公式サイト

 

ビットコインを自動で売買するプログラムを作成できるようになったり、仮想通貨取引所「bitFlyer」のAPIドキュメントをマスターし、1人で開発ができるようになったりすることができます。

1つ注意点としましては、bitFlyerのアカウントを持っている必要がありますので、事前にアカウントの方作っておきましょう。

bitFlyer 公式サイト

 

このコースの最大の特徴は、実際にビットコインの自動売買システムを作りながら楽しくプログラミングのスキルを身につけることができるというところにあります。

現在、プログラミングを始める若い世代は仮想通貨の自動売買botなどの作成が目的である事も多いです。

コースのプレビュー無料動画もありますので公式サイトをご覧下さい

 

本田圭佑選手を見習って、楽しく学習できるこのコースはお勧めです!

Udemy 無料動画を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!