「転職サイト」「転職エージェント」の違い

AI薬剤師に代替で未来がない?ドラッグストアの将来性!調剤薬局はなくなる?5年後、10年後、20年後、今後の動向!

AI薬剤師に代替で未来がない?

薬剤師といえばとても人気が高い職業の1つです。

国家資格でもありますし、一度就職してしまえばとても安定している職業なので人気が高いです。

しかし、それはもはや過去の話になりつつあるのです。

 

AIが台頭する時代が訪れることによって、薬剤師の仕事の大半が機械化できてしまう可能性が高いからです。

薬剤師の代替確率
現状38.8%というデータが算出されています。

 

数年後には薬剤師の仕事は大きく変わり、採用人数は激減する可能性も高いと言えます。

具体的には受付や処方情報の入力などは簡単にAI化できてしまうからです。

 

ただし、課題もあって最新のクスリの情報のアップデートなどが必要だったりもします。

そして、どうしても、AI化できない部分もあります。

それは服薬指導の部分です。

 

今後、薬剤師に求められるのはリーダーシップ力であり、指導に長けた人材を中心になるかもしれません。

そうするとAIリストラが起こる事と同時に採用人数は激減する事が予想されます

これは薬剤師だけに限った未来ではありません。

調剤ロボット出現でAI時代

薬局のお仕事の7,8割はクスリの散剤などが大半です。

しかし調合を調剤ロボットで自動化してしまうのです。

将来の話ではなく、今現在でもかなりの薬局で調剤ロボットは導入されていますし今後はもっとどんどん増えていくと思われます。

 

それでは、本来の仕事の7割がたをロボットに奪われてしまっては、肝心の薬剤師の人は仕事がなくなってしまうのではと思われるかもしれませんが、実はそんなことはないのです。

散剤の仕事が空いたぶん、患者さんへの服薬指導(セルフメディケーション)にしっかり時間をかけることができるようになったのです。

患者さんへの服薬指導は意思疎通も重要になって来るので機械には代替するのはまだ難しいとされています。

調剤薬局は5年後にはなくなる?

調剤薬局が今後なくなっていくというのは何も妄想ではなく、現実になりつつある話です。

コンビニが今現在、無人の店舗がすでに出てきており、今後、2,3年でどんどん広がっていくというのはご存知でしょうか?

 

機械化できる部分はどんどん機械化していくのです。

なぜなら、 経営者にとってはそのほうが人件費を削ることができ、AIに投資した方が儲けが増えるからです。

 

 

薬局で薬剤師が行っている仕事のほとんどは残念ながら機械化できてしまいます。

  1. ミスもなくなる
  2. 故障しない限り365日無休で働く
  3. 人間関係の苦悩もなし
  4. 人件費よりAI維持費の方が安い

 

機械に任せたほうが故障しない限り、24時間、無休で働いてくれるので都合が良いというのは否めません。

経営者目線であればAI化の導入費や維持費は掛かりますが、人間関係のトラブルも無く精神的にも楽なのです。

ドラッグストアの将来性!

ドラッグストアにも薬剤師の方が働いています。

ドラッグストアなら将来は安心といえるでしょうか?

実は意外とそうではないのです。

 

もちろんその理由はAIを活用した医薬品の提供サービスの増大の可能性にあります。

注意
現在では規制の関係で、AIによる薬の販売はできません。

 

しかし、AI時代は規制緩和されることで、AI薬剤師やAI登録販売者が台頭する事でしょう。

インター ネット上で薬が販売できるようになる可能性は非常に高いです。

ZOZOTOWNがネット販売で客導線を効率化すべくサイジングを測る「採寸ボディスーツ」を無料配布したのもネット社会を物語っています。

 

一度扉が開かれれば、一気にAIが流れ込みAI時代の幕開けとなるので、AI時代を生きる上で準備をして行きたいと思います。

薬剤師の10年後、20年後、今後の動向!

今後10年後、20年後、薬剤師という仕事がどうなっていくかは死活問題です。

AI化で便利な世の中になるのは良い事ですが、薬剤師が仕事を奪われるのであれば対策が必要です。

あからさまな供給過剰で、薬剤師の仕事はどんどん減っていき、大半はAIに取って代わられるとみた方が自然なのです。

 

そうなれば当然、今現在薬剤師の方はなるべく早くから、将来について考えなければいけません。

もちろん将来の生活を考え、生き残らなければいけないからです。

まとめると下記のようになります。

薬剤師とAIの相関
  • 医師や看護師より代替率が高い
  • 調剤や処方箋のチェックはAI優位
  • レジ係や受付はAI優位
  • セルフメディケーションは人間が優位

セルフメディケーションの必要性

個人が医薬品を購入し、健康を管理する「セルフメディケーション」の分野ではAIよりも人間の方が優位であるので、薬剤師の将来に不安をお持ちの場合、転職を視野に入れる事をお勧めします。

セルフメディケーションとは、世界保健機関(WHO)の定義を見てみますと下記の通りです。

MEMO
自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること

 

普段から健康を意識することで、病気にならないように心がけることだね

治療医療というよりは最近日本でも言われるようになってきた予防医療の分野といえそうです。

国家全体のことで言えば、これによって発しそうといわれている医療費を少しでも減らすことができ、 国家経済へも貢献できるわけです。

もちろんそうするためには黙ってボーとしているわけにはいけません。

 

まず、正しい医療の知識を私達国民が勉強し、且つ実践する必要があるの

セルフメディケーションの基本としては、自分のからだの状態を知っておくことが重要です。

健康診断の結果に注目し、かかりつけ医に相談しながら生活習慣を見直します。

患者にセルフメディケーションを提供することも踏まえて同業者である医者からのアドバイスも勉強の一環となります。

薬剤師の求人 薬局以外に転職

薬剤師の就職先といえば、まず真っ先に薬局が思い浮かぶかもしれませんが、薬局以外の勤め先はあります。

上記に解説したようにAI薬剤師の台頭により、不安な現薬剤師さんも多いので転職に対するフォローをしています。

他の勤め先は大きく分けると下記の通り
主な就職先
  • 病院
  • ドラッグストア
  • 製薬会社

 

この中では実は一番、製薬会社が人気があるのです。

意外ですよね

その理由は薬品会社は産休や育休長期休暇などの休みも保証されているので職場環境にメリットがあるといえます。

もちろんその分、ハイレベルな知識と能力が求められるので大変な部分もありますが、とてもやりがいがあるお仕事ともいえます。

薬剤師の資格で就職できる仕事

他にも薬剤師の資格でできる仕事は上に挙げた以外にも実は結構あるのです。

細かく調べて見たよ
薬剤師の就職先
  • 診療所
  • 学校(小学校、 中学校、高校)
  • 在宅医療
  • 卸売販売会社
  • 研究機関
  • 化粧品メーカー
  • 食品メーカー
  • スポーツチーム
  • 大学院
  • 保健所
  • 自衛隊
  • 麻◯取締官
  • 刑務所

 

世間ではあまり知られていないだけで、薬剤師はかなりいろいろなところで就職先があり、需要があるのです。

幸い薬剤師専門の転職を手助けしてくれるサイト「薬剤師ドットコム」では役職付きの企業案件(非公開求人)の紹介もあります。

薬剤師ドットコム 公式サイト

 

就職時にお祝い金を頂けるジョブデポ薬剤師」も非常に便利です。

 

ジョブデポ薬剤師では地域様々な条件から求人を検索できます。

ジョブデポ薬剤師の公式サイト

参考

ジョブデポ薬剤師の口コミ・評判ジョブデポ 口コミ

ジョブデポ 看護師のお祝い金制度

さらにジョブデポ看護師の求人で就職が決まった場合、40万円のお祝い金を受け取る事ができます。      

40万円の条件と詳細

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!