「転職サイト」「転職エージェント」の違い

無人化・無人運転車の実用化はいつ?日本で無人タクシー事故は?メリット・料金!タクシードライバーの離職率!タクシー運転手から転職?

無人化・無人運転車の実用化はいつ?

AI(人工知能)を兼ね備えた機械やロボットが私達の暮らしに身近になって久しいです。
いまやスマホに音声認識などの機能がついているのは当たり前ですよね

掃除ロボットの「ルンバ」や会社で受付の役割を果たす「Pepper」もよく見るものになりました。

これらAIの普及によって期待されることに「無人運転」があります。

 

高度なAIは臨機応変に対応しなければいけない公道での運転なども可能な段階にきました。

すでに無人運転の試験は行われています。

2020年には一部の地域では実用化され、2025~2030年ごろには本格的に普及することを目指して計画が進められているようです。

 

スポンサードリンク

無人タクシーのメリット・料金!

無人運転が実現すると「無人タクシー」といったサービスが生まれることも予想されます。

人件費がかからなくなるので、これまでよりも安く利用できるようになりそうです。
ソーシャルゲームなどで有名な「DeNA」初乗り200円タクシーを検討しています。

 

また効率的に車を運用できるためになるため、日本全体の自動車数を半分くらいに減らせるという予測もあります。

道路事情はもちろん環境保全などにも大きな影響を与えそうです。

日本で無人タクシー事故は?

気になる点は「本当に安全なのか?」といったところだと思います。

日本では自動運転による大きな事故はまだありませんが、世界ではいくつかの事故が報告されています。

 

しかし、だからといって人間が運転すれば必ず安全とは言い難いです。
人為的なミスによる痛ましい交通事故は日本全国で起きています。

AIがより進歩すれば人間の運転以上に交通事故のない社会という未来も、もしかしたらやってくるかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

タクシードライバーの離職率!

ただし期待が大きい一方で人間の仕事が奪われてしまうのではないかという懸念もあります。

日本には24万台を越すタクシー・ハイヤーが走っており、国民の足として重要な役割を果たしています。

 

もし本当に無人運転が可能になれば、ドライバーがいる必要がなくなります。

タクシードライバーはAIの普及によって近いうちに高い離職率になる仕事と考えられています。

タクシー運転手から転職するなら!

もしタクシードライバーとして生計をたてているのであれば、将来を考えて転職などを検討しておいたほうが良いかもしれません。

自動運転が進む一方で物流の観点などから、ドライバーは人手不足とされています。

ドライバーが不足している地域であったり、自動運転化しにくい高度な運転を必要とするドライバーであれば、いままでの経験を活かしつつ転職できそうです。

 

転職サイト「タクQ」は入社祝い金が最大40万円頂けます。

タクQ 公式サイト

 

転職や就職の無料相談

AIリストラや代替される不安も職案サイト「ハタラクティブ」で早めに解消しましょう

 
  1. 無料で就職の相談ができる
  2. 未経験OK企業を多く扱っている
  3. 数年後を視野に入れたお仕事選び
  4. 書類審査通過91.4% 内定率80.4%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!