「転職サイト」「転職エージェント」の違い

無人運転バス・自動運転バスの実用化はいつ?バス運転手から転職先

無人運転バスとは?【自動運転バス】

AI(人工知能)の進歩はめざましく、すでに社会の様々な場所で見られるようになりました。
iPhoneの「siri」や会社の受付の「Pepper君」、お掃除ロボットの「ルンバ」など私達の暮らしを便利にしてくれています。

 

そんなAIはこれからも様々な応用がされていくと予測されます。
とくに注目されていることのひとつは「自動運転」です。

 

 

たくさんの車が行き交い、多くの状況判断が求められる運転はこれまでは人にしかできない専門職でしたが、高度なAIは運転の自動化すら可能にします。

 

実用化に向けては様々な実験などが必要になりますが、すでに結果を出しているものも少なくありません。
無人運転バス」といったサービスも夢ではなく、遠くない将来一般的なものになりそうです。

 

 

スポンサードリンク

 

自動運転バスの実用化はいつ?

バスはタクシーやトラックなどの乗り物とは異なり比較的決まったルートを走行するため、自動運転バスの実用化はそれらより容易と考えられています。

熊本や栃木などでは実際にその実証実験などがすでに行われました。

東京オリンピックが開催される2020年頃には、一部地域限定ですがサービスが実現できるようにと、準備が進められているようです。

 

自動運転バス「ロボットシャトルの動画

 

 

安全性などの不安もありますが、自動運転バスにはメリットも大きいです。

ドライバーなどが不足している地方などで住民の方の足となったり、物流の助けとなったりします。
高齢者が運転をすることによる事故は社会的な課題でもあるので、それらを解決できるかもしれません。

その他効率的な運転によって渋滞を解消したり、人件費を抑えることで安価なサービスを目指せたりと可能性は広いです。

 

スポンサードリンク

 

バス運転手から転職先

そんな自動運転バスといったサービスが実現してしまうと、バスの運転手という仕事は次第にAIに取って代わられてしまうのではないかという懸念もあります。

もちろん実施されるのは一部地域からでしょうし、すぐに不要になるということはないかもしれません。

しかし将来的に離職率が高くなるかもしれない、と考えると現在就いているのであれば就職先を考えておくことも悪くありません。

 

例えば自動運転にはできないような高度な運転を必要とする機械であったり、観光バスのようなお客さまへのサービスが必要なドライバーはAIによる自動運転に奪われにくいです。

あるいは「エンジニア」といったAIを使う側の職業は、むしろ今後増加することが見込まれます。
そういった職業を視野に入れておくと、保険になりそうです。

仕事をしながらAIエンジニアのスキルを学べるオンライン学習が人気なので参考にして下さいね。

 

転職や就職の無料相談

AIリストラや代替される不安も職案サイト「ハタラクティブ」で早めに解消しましょう

 
  1. 無料で就職の相談ができる
  2. 未経験OK企業を多く扱っている
  3. 数年後を視野に入れたお仕事選び
  4. 書類審査通過91.4% 内定率80.4%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!