「転職サイト」「転職エージェント」の違い

残る仕事ランキング!なくならない職種・将来消えない仕事はAIができない仕事!人口知能に奪われない職種!

将来消えない仕事・なくならない職種はAIができない仕事?

AI(人工知能)の発達は目覚しいです。

人間の脳の仕組みを模倣して作られたAIはただ単純に命令をこなすだけでなく、自ら学習しながら高度な作業をしてくれます。

現在でもお掃除ロボットの「ルンバ」、会社の受付などで様々なサービスをしてくれる「Pepper君」など様々なものに応用されており、すっかり身近になりました。

 

 

自動運転など未来の技術にも積極的に使われるので、今後の社会の中でも注目の的となること間違いないです。

しかしそんな期待が膨らむ一方で、AIはこれまで人間が行ってきた仕事を奪ってしまうのではないかと不安視する声もあります。

たしかに人間よりも圧倒的なスピードで情報処理をして、かつ疲れも知らないAIは人ではかなわない部分も多いです。

 

 

具体的には銀行員、レジ打ち係、受付、会計士、一般事務、ウェイター、調理師といった仕事は、すぐになくなるとは言わないものの、数を減らしていくと予想されます。

しかし言い換えれば、AIができない仕事がなくならない職種であり、将来消えない仕事という事になります。

 

スポンサードリンク

 

人口知能に奪われない職種一覧!

そんなAIが普及していく世界のなかでも、仕事を奪われにくいのではないかという職種も存在します。

例えば営業職、技術職、アーティスト、プログラマーといった職種です。

高度な判断やコミュニケーション、芸術性を必要とする仕事は消えにくいのです

 

 

AIをプログラミングする側のエンジニアなどはむしろその数を増やすと考えられます。

これからの職業選択には、AIによって代替されてしまわないかというのも、ひとつの基準になりそうです。

 

 

もし銀行員などだんだんと仕事が減っていくことが確実視される職種についているのであれば、看護師などを目指して資格や技術を身につけるのも良いと思います。

少子高齢化の流れの中で人の生活に必須の医療は、それぞれの状況や病状に立ち会う臨機応変さが求められるため、AIに仕事を奪われにくい傾向にあります。

 

スポンサードリンク

残る仕事ランキング

AIが一般化するなかで残り続ける仕事は以下の様なものと予測されます。

  1. 看護師
  2. エンジニア
  3. 薬剤師
  4. 医師
  5. 專門秘書
  6. 教師
  7. ダンサー
  8. 警察官
  9. デザイナー
  10. 配管工や電気技師

もちろん日進月歩で進歩し続けるAIはいずれ、このような仕事すらもこなしてしまうかもしれません。

2045年くらいには技術的特異点(AIが人間の知性を追い越して、想像もつかないような知性を手に入れてしまう段階)が訪れるとされます。

変化していく世界は予測がおよばないかもしれませんが、そのなかでもイキイキと仕事をするためにしっかりと備えていきたいですね。

 

転職や就職の無料相談

AIリストラや代替される不安も職案サイト「ハタラクティブ」で早めに解消しましょう

 
  1. 無料で就職の相談ができる
  2. 未経験OK企業を多く扱っている
  3. 数年後を視野に入れたお仕事選び
  4. 書類審査通過91.4% 内定率80.4%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!