「転職サイト」「転職エージェント」の違い

弁護士の仕事はAI化でAI弁護士?人工知能でなくなる?転職先!無くなる職業ランキング【消える職業・消える仕事】

弁護士の仕事はAI化でAI弁護士?

日本では、2006年より導入された新司法試験に伴い弁護士の大幅な増加が進みました。

2006年→22021人であったのに対し、2017年には、38980人と約1.8倍も増加しています。

 

このように飽和状態が続いてしまっている弁護士業界、さらに2014年に発表されたソフトバンク社の「Pepper」を皮切りに世間を賑わせているAI。

今後の弁護士業界においてAIが導入されるとどうなるのでしょうか?

関連画像

 

実は以前より既にAIが法曹の世界に足を踏み込んでいたのはご存知でしょうか。

カナダのトロント大学にてIBM社の人工知能ソフト「Watson」を用いた法律に関する事務処理を行う「ROSS」を開発しています。

 

 

この「ROSS」は単なるデータベースではなく、下記のような特徴があります。

  1. 過去の判例などのビッグデータを蓄積
  2. AIとして与えられた法律問題に回答する
  3. 質問をすればするほど改良され賢くなっていく

勉強すればするほど人間もより、賢くなっていくという点は人間も同じですが

AIなので覚えたことを忘れてしまったりすることはありません。ここが人間との違いです。

 

この「ROSS」は既にアメリカの大手法律事務所との契約も行なっています。

法律事務所からも能力を認められているとの証拠でしょう。

実際、イギリスではこの人工知能ソフト「Watson」を用いた「DoNotPay」というものにより、多くの無罪を勝ち取っているのいうのもあります。

 

法律は、過去の膨大な判例を重視するため、ビッグデータを得意とするAIが活躍する場所としてとても適しているのです。

また、法律は時代に合わせて法律内容が日々変化をしていきます。

AIの場合、すぐにデータを修正し適応できる点においても適していると言わざるを得ないでしょう。

 

スポンサードリンク

 

弁護士は人工知能でなくなる?

こんなに活躍できるAIは弁護士の代わりとしても成り得るんじゃないの〜?

 

MEMO
部分的には弁護士の代わりと成りえる

 

現に上記に記載したように。それに近い状況としてアメリカやイギリスなどでAIが活用されているのが何よりの証拠です。

ただし、いくら賢くあっても「対人間(face to face)」で相談をしたいとなると、AIと人間では全くの別物となりますね。

 

また、過去の判例についても判決は「人間の感情」が絡んでおり、元々は人間の温かみや憎しみなどの感情を含んだものなのです。

加えて、日本で2009年より開始した陪審員制度にいても、法律の知識がない国民を裁判に参加させて、国民の持つ日常感情や常識を裁判に反映させるという目的から始まったという点で人間感情を重視しているというのがわかります。

 

【陪審員制度とは】

  1. 民間から無作為で選ばれた陪審員によって構成される
  2. 合議体が評議によって事実認定を行う司法制度
  3. 陪審員の人数は6~12名

 

色んな面を考慮すると、人を裁くのは人であるべきで、弁護士という職はAIにとってかわることはできないでしょう。

無くなる職業ランキングで弁護士は消える職業?

無くなる職業ランキングで弁護士はどうでしょうか。

まず、弁護士の補助としてのパラリーガル、弁護士助手といった職種については無くなる職業ランキングで上位に記載がされてますね。

「なくなる仕事ランキング」の画像検索結果

 

やはり、過去の判例からの情報収拾などといったAIの得意分野ではAIに軍配が上がるからでしょう。

そして、弁護士の職はというと無くなる可能性は逆に低い方にカテゴライズされるのです。

 

このランキングは2023年までの予測と、もうあと5年後と近い未来の話。

無くならないとはいえ、需要が厳しくなる可能性は高いと思われますので、AIには真似できない親身となって話を聞いてくれる弁護士こそが生き残っていくのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

弁護士の転職先!

弁護士の主な転職先として、企業法務を主に扱っている法律事務所や、事業会社の法務で活躍できるでしょう。

 

また、弁護士という職柄から信頼感があるため、国会議員などの政治を試みるというのも一つの手かもしれません。

実際、テレビで活躍しているタレント弁護士は弁護士から華麗な転職をした人が何名かいますよね。

他にも、弁護士出身の国会議員総数はこれまで717人もいるんだとか(!)

  1. 丸山和也氏→参議院議員
  2. 橋下徹氏→大阪府知事

すぐに消えてしまう職業ではないかもしれませんが、将来的なことを考えて不安であれば転職を視野にいれることも良いかと思います。

 

転職総合サイトのハタラクティブは未経験の仕事でも就職率が高いのでオススメです。

  1. 業種未経験転職支援実績60,000人以上
  2. 転職内定率80%超え
  3. 0円で相談できる

という実績があるので、ハローワークもいいけどこっちの求人を見てみるのも選択肢の1つです。

 

 

ハタラクティブは【厚生労働省 職業紹介優良事業者認定 第1402022(01)号】に登録されている良心的な会社です。

ハタラクティブ 公式サイト

 

弁護士ほど優秀な人材なら、逆に企業側が欲しくなる気がしますね!

転職や就職の無料相談

AIリストラや代替される不安も職案サイト「ハタラクティブ」で早めに解消しましょう

 
  1. 無料で就職の相談ができる
  2. 未経験OK企業を多く扱っている
  3. 数年後を視野に入れたお仕事選び
  4. 書類審査通過91.4% 内定率80.4%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!