「転職サイト」「転職エージェント」の違い

Alドクターにより医者不要?消える?仕事なくなる?医療診断も人口知能?メリット・デメリット!医師の失業率!転職?

医療診断も人口知能?

AI(人工知能)が医療の現場にも用いられるようになってきたことはご存知でしょうか?

進化したAIは、人間にはまず不可能なこともこなしてしまいます。例えば何千万という論文の知識を吸収し、症例に応じて瞬時に検索することも可能です。

膨大な情報を記憶したAIが、專門の医師でも判断が難しい症例をものの10分ほどで看破したというケースもあり、医療診断にも非常に有効ということが証明されました。

もはや熟練の医師にも匹敵するほどの頼もしさです。

近い将来体調が悪くなったらまずはAIドクターに症状を見てもらう、なんてことも一般的になるかもしれませんね。

Alで仕事なくなる?医者不要?消える?

AIが導入されることは医療の質を上げたり、医者の負担を軽減させてくれるという点では喜ばしいことです。

しかし一方で進歩したAIは医者という職業すら不要にしてしまうのか、という予測もあります。

将来的になくなってしまう仕事としてよく取りあげられる下記の職種とともに医者も消えてしまう職業なのでしょうか?

  1. レジ打ち
  2. 会計士
  3. 受付
  4. 弁護士助手
  5. 銀行員

 

スポンサードリンク

AI 医療のメリット

AIによる医療には以下のようなメリットがあります。

MEMO
大量の情報を処理しながら適切な判断を下せる

 

AIの大きな特徴として、情報を高速で疲労も感じずに処理できるという点があります。

できるだけ多くの情報にあたれれば、それだけ正確な診断や治療法の提示ができます。

とくに画像診断、精神疾患の治療、病気の予後予測といった分野で有効と考えられています。

MEMO
医療の手が届きにくい地方でも、専門的な診断が可能になる

 

少子高齢化が進むなかで過疎地域での医療をどうするかは社会的な問題でもありますが、AIは都会から離れている場所でも専門的な診断を受けるための手助けになると期待されています。

AI 医療のデメリット

しかしAIもまだ万能ではなく、デメリットも考えられます。

注意
AIは感情を含めたコミュニケーションが苦手です。

密なコミュニケーションにより、本人にも自覚がないような症状を発見するということは人間の医者でないと難しいポイントです。

人の得意とするところと、AIの得意とするところを両立させることが求められそうです。

 

スポンサードリンク

医師のAI失業と転職!

医師の仕事をAIが全てこなしてしまう時代は、まだすぐには来ないかもしれません。

しかし以前は高収入で安定していた医師ですら、AI化する社会の中では安泰とは言い難いです。

先を見越してAIには不可能なスキルを身につけていく必要性はありそうです。

もしスキルアップを考えるなら、転職もひとつの手段です。

以下に紹介する「Dr.転職なび」は医師專門の就職情報サイトであり、専門性が高く転職活動の際にはおすすめです。

勤務地や希望年収などの条件から最適な求人を探せます。

Dr.転職なび 公式サイト 

 

非常勤での職をお探しであれば「Dr.アルなび」もぜひチェックしてみてください。
理想の職場探しに役立つはずです!

Dr.アルなび 公式サイト

 

転職や就職の無料相談

AIリストラや代替される不安も職案サイト「ハタラクティブ」で早めに解消しましょう

 
  1. 無料で就職の相談ができる
  2. 未経験OK企業を多く扱っている
  3. 数年後を視野に入れたお仕事選び
  4. 書類審査通過91.4% 内定率80.4%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!