「転職サイト」「転職エージェント」の違い

ドローンパイロット・ドローン操縦士の需要!ドローンパイロットスクール(学校)やドローンパイロット養成所の費用!アマチュア無線、農薬散布、ドローンインストラクターの求人

ドローンパイロット・ドローン操縦士の需要

「ドローン(無人航空機)」と言えば何を思い浮かべますでしょうか?

ひと昔前ですが墜落事故もあったので、もしかしたら良い印象をお持ちでないかもしれません。

しかしいまドローンを巡る状況は大きく変化しています。

 

進化を続けるドローンは、様々な仕事をこなせるようになりました。

下記の通り一例だけで見ても目まぐるしい活躍です。

  1. インフラの点検
  2. 農薬散布
  3. 測量
  4. 配達

などです。

個人ではとても労力が必要な仕事でもあっという間にこなすドローンは、大きな可能性を秘めています。

Aamzonといった大手企業もこぞって参入。

ドローン市場は急激に拡大し、今後も成長することが見込まれます。

 

2020年までにはドローンパイロットが14万人以上必要になるという推測もあり、いま職業としても注目されています。

 

スポンサードリンク

ドローンパイロットスクール(学校)の活用

そんなドローンパイロットですが、もし目指すとなればスキルは必須です。

新しい職業ですがすでに日本にもドローンパイロットを養成するスクールはあります。

飛行技術はもちろん、ドローンの仕組みや関連法律まで学べるので、とくに初心者であればスクールで専門的に学ぶことをオススメします。

 

スカイエージェント 公式サイト

ドローンパイロット養成所の費用

スクールの費用は学校や受講期間によっても変わりますが、だいたい2週間~1ヶ月のコースで費用は15万円~35万円ほどです。

民間資格を取得できるスクールもあります。

国家資格でなく認定資格ですが、スキルを客観的に証明できるので便利です。

 

スキルを身につけると視野に入ってくるのが就職。

ドローンパイロットの仕事というとイメージがつきにくく、就職も難しいのではと考えてしまうかもしれませんが心配はいりません。

スカイエージェント」は日本でも先駆けとなる、ドローン求人專門の就職情報サイトです。

 

あなたの経験や志望に合わせたアドバイスも受けられるので、未経験の方でも安心して職探しをできます。

スカイエージェント 公式サイト

 

スポンサードリンク

ドローンのアマチュア無線 仕事内容・求人

ドローンを使って空から美しい風景などを撮る「空撮」も、ドローンパイロットの仕事のひとつです。

 

しかしドローンに取り付けたカメラから画像を受信には「FPV」という無線システムが必要です。

FPVを使うためには下記の免許が必要になります。

FPVに必要な免許
  • アマチュア無線4級
  • 第3級陸上特殊無線技士

 

空撮の求人を探す

ドローンの農薬散布 仕事内容・求人

ドローンに期待される仕事の大きな分野に農業があります。

とくに農業散布は人力で行うと骨の折れる作業ですが、ドローンであれば短時間で可能

 

園芸会社などで求人が見受けられます。

 

農薬散布の求人を見る

ドローンインストラクターの仕事内容・求人

ドローンを使って働きたいと希望する人が増加する中で、ドローンの操縦を教えるインストラクターもこれからメジャーな仕事になりそうです。

 

ドローンの教育や普及に興味がある方は「DJIインストラクター」などの資格を取得しておくと、就職に有利になります。

 

インストラクターの求人を見る

 

転職や就職の無料相談

AIリストラや代替される不安も職案サイト「ハタラクティブ」で早めに解消しましょう

 
  1. 無料で就職の相談ができる
  2. 未経験OK企業を多く扱っている
  3. 数年後を視野に入れたお仕事選び
  4. 書類審査通過91.4% 内定率80.4%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!