「転職サイト」「転職エージェント」の違い

ドローンパイロット・ドローン操縦士の仕事の資格!就職の募集 未経験の求人 年収・収入・給料 

ドローンパイロット・ドローン操縦士の仕事とは!

AI(人工知能)の進歩はめざましく、簡単なコミュニケーションすらできてしまう受付ロボットの「Pepper君」、部分的なオートパイロット機能を備えた自動車「テスラ」など様々なものを生み出しました。

 

その名をよく聞くようになった「ドローン(無人操縦機)」も、AIの恩恵を受けたひとつです。

ドローンの機能はただ写真や動画を撮影するだけに留まりません。

 

様々なタスクをこなすことができ、下記の分野で幅広く期待されている職種でもあるのです。

  1. 農業
  2. 物流
  3. 環境調査
  4. 災害救助
  5. 広告

 

そんな社会状況もあり、ドローンを操って多くの作業を行う「ドローンパイロット(ドローン操縦士)」という新しい職業も生まれました。

 

大手の企業も参入するなど業界の活気も高まっており、需要はさらに増えそうです。

 

スポンサードリンク

 

ドローンパイロット・ドローン操縦士 年収・収入・給料

ドローンパイロットといっても仕事の内容は様々です。

一般的にイメージしやすいドキュメンタリーなどで使われる「空撮」の他に、建築現場や高速道路などで点検を行う「インフラ検査」、災害現場で人名を救助したり警護を行う「セキュリティ」などがあります。

まだ職業人口が少なく人によって年収のばらつきはあります

平均年収
330万円~540万円と言われています(平均年収.jpより)

 

まだ專門の技術者が少ないこともあり、トップパイロットは年収が一億円に達することも。

技術性の高い専門職なのでスキルを高めれば、それだけ高い年収が期待できます。

堀江さんが「遊びのプロになれば、それが仕事になる」と言うのはまさにこう言うことなのです。

ドローンパイロット・ドローン操縦士の資格の取り方

ドローンパイロットはまだ歴史の浅い職業ではありますが、市場の急速な発展などからスクールといった技術を磨くための場所も増えました。

スキルの高さを証明するための資格も存在します。

民間資格ではありますが就職を考えるのであれば、取得しておくと心強いです。

 

DJI JAPANといった組織が用意している養成コースを受講することで、以下の資格取得を目指せます。

資格
  • JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)
  • DPA(一般社団法人ドローン操縦士協会)

 

スポンサードリンク

ドローンパイロット・ドローン操縦士 就職の募集

ドローンパイロットはまだメジャーな仕事とは言えませんが、求人も少なくありません。

スカイエージェント」は日本で最初の、ドローンを扱う求人に特化した就職情報サイトです。

スカイエージェント公式サイト

 

ドローンスクールと提携しているので、自身の目標に合わせてイチから勉強しつつ就職を目指せることも特徴。

初心者でも安心です。

興味のある人は一度、求人を探してみることを勧めます!

スカイエージェント公式サイト

ドローンパイロット・ドローン操縦士 未経験の求人

技術は身につけたけれど経験がないから就職が不安・・・

ということもあるかもしれませんが、未経験でもドローン操縦士を始められる仕事もあります。

 

あきらめずに仕事を通じてスキルと実績を高めれば、高収入も夢ではありません。

スカイエージェントでは未経験の操縦士にも教育アドバイスを行っております。

無料なのでお気軽にご相談し、未来を切り開きましょう

スカイエージェント公式サイト

 

転職や就職の無料相談

AIリストラや代替される不安も職案サイト「ハタラクティブ」で早めに解消しましょう

 
  1. 無料で就職の相談ができる
  2. 未経験OK企業を多く扱っている
  3. 数年後を視野に入れたお仕事選び
  4. 書類審査通過91.4% 内定率80.4%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!