「転職サイト」「転職エージェント」の違い

データサイエンティスト 統計検定や資格試験の難易度!学歴・学校の学部!

データサイエンティスト 統計検定は必要?

データサイエンティストになるのに資格は必ずしも必要なわけではありません

 

ただし、仕事を進めていく上で資格があるにこしたことがないのは間違いありません。

中でも統計検定は大事なスキルの証明となります。

統計検定とは
統計に関する知識および活用力を証明する試験

 

4級〜準1級および1級の5つに分かれています。

1級は「統計数理」と「統計応用」の2試験に合格する必要があります。

 

例年6月と11月に実施されており、準1級は6月のみです。

1級は11月のみの受験となっているようです。

統計検定のほかにもデータサイエンティストとして、持っておいたほうが良いのは下記の資格です。

  1. オラクルマスター
  2. OSS-DB技術者認定試験
  3. 基本情報処理技術者試験
  4. 応用情報技術者試験

データサイエンティスト 資格試験の難易度!

では、資格試験の難易度は実際どのくらいのものなのでしょうか。

これは試験の合格率を見ればある程度見えてくると思います。

以下は統計検定の合格率です。

統計検定の合格率
  • 4級→69.1%
  • 3級→63.2%
  • 2級→41.4%
  • 準1級→29.7%
  • 1級(統計数理)→24.5%
  • 1級(統計応用)→26.2%

 

当たり前ですが、1級に進むほど内容は難しくなっていきますが、4級は半分以上が合格なのです。

4級ぐらいから順番にとっていくのが好ましいと思われます。

データサイエンティスト 学歴は必要?

データサイエンティストに学歴は必要かといわれれば、 必ずしも関係ありません。

なので中卒でもなることはできます。

ただし、データサイエンティストになった後は勉強が必要になります。

 

プログラミングの技術など覚える必要があります。

過去の学歴は問われないかもしれませんが、これからの学習は必要になります。

オススメはあらかじめ、データサイエンティストの基礎講座を学べるオンライン学習です。

通勤講座 公式サイト

 

データサイエンティストに必要な基礎講座を通勤中などに気軽にスキルを身につける事ができます。

データサイエンティスト 学校・学部

データサイエンティストを目指すための学校や学部にはどんなところがあるのでしょうか。

幾つか挙げてみました。

  1. 工学院大学 システム数理学科
  2. 日本大学 応用情報工学科
  3. 高千穂大学 情報コース
  4. 京都産業大学 情報理工学部
  5. 関西学院大学 情報科学部
  6. 京都女子大学 情報システム専攻
  7. i専門職大学 ICTイノベーション学科
  8. 東京電機大学 情報システム学科
  9. 横浜市立大学 データサイエンス学部

 

学歴以上にスキルが必要になります。

本業をこなしながら片手間でオンライン学習でスキルアップしたり、専門のAIスクールに通う事もオススメです。

データサイエンティストの求人数が多い転職サイトに無料登録して就職先などの情報を集めるのも大切です。

 

オススメは未経験の求人数が多い専門サイト「forkwell jobs」です。

forkwell jobs公式サイト

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!