「転職サイト」「転職エージェント」の違い

データサイエンティストの年齢や平均年収・給料!文系や女性も多い?データアナリストとの違い

データサイエンティストとデータアナリストの違い

2つともよく似ている言葉なので、違いがわかりにくいかもしれません。

まずデータアナリストは単純にデータを分析することが主な仕事です。

 

今話題のデータサイエンティストはデータアナリストの発展バージョンだと考えるとわかりやすいと思います。

つまり、データサイエンティストはただ単純にデータを分析するだけではないのです。

プラスアルファで幅広い知識や技術が求められます。

 

裏を返せばとってもやりがいのある職業といえると思います。

データ分析以外に必要な物は主に下記の内容です。

  1. ビジネス課題の解決
  2. レポートの作成
  3. プログラミング言語による作業

 

大きくデータアナリストと異なる点はデータサイエンティストはプログラミングによる作業がある部分です。

 

スポンサードリンク

データサイエンティストの年齢層

データサイエンティストは他の業種に比べて年齢層が10歳程度若いというデータがあります。

20代後半~30代の方が比較的多く、研修でのスキルアップが前提の場合が 多いようです。

他職種からの転職も多く、データサイエンティスト人材は不足しております。

 

その証拠に転職サイト「forkwell(フォークウェル)」では就職決まるとお祝い金を3万円が貰えるのです。

forkwell 公式サイト 

 

MEMO
未経験やスキルが浅い人材でも企業は獲得しているので注目されつつあります。

競合性が低い上に尚且つ企業からの需要もあるので今がチャンスと言えます。

スポンサードリンク

データサイエンティストの文系や女性もなれる?

プログラミングがかかわるデータサイエンティストとなると当然理系の男性がなるイメージかもしれませんが、 実際は必ずしもそうではありません。

冒頭でも述べ ましたとおりデータサイエンティストはアナリストは異なり、仕事が幅広い分野に及びます。

ただ単にアナリストであれば分析だけ行うので、確かに理系の男性のほうが得意なのかもしれません。

MEMO
しかし、データサイエンティストは分析よりも、その後の問題解決のほうが重要視されるのです。

 

ビジネスにおいて、問題解決していくためにはチーム力やコミュニケーション能力が必要不可欠であり、そういった点ではむしろ女性や文系の方のほうが得意なところも多いのです。

 

今やプログラミングを必修とする小学校もあるくらいなので、性別はもっての外と言えます。

データサイエンティスト 平均年収・給料

データサイエンティストの平均年収や給料は次の通りのようです。

給与について
  • お給料(月収):約40万円
  • 正社員の推定年収:440万円~930万円
  • 契約社員の推定年収:350万円~660万円
  • リクルートのデータサイエンティスト:年収570万~1200万円

 

厚生労働省の賃金統計基本調査で算出された男女比率や口コミや募集欄などからデータや計算をしました。

データサイエンティストになる方法は別記事で詳しく書きましたので参考にして下さい。

 

プログラミングの部分だけ頑張って身につけることができるかどうかという点の所が課題になると思います。

中でもプログラミング言語「Python」は凡庸性が利き、AI時代にもっとも需要のある言語です。

転職や就職の無料相談

AIリストラや代替される不安も職案サイト「ハタラクティブ」で早めに解消しましょう

 
  1. 無料で就職の相談ができる
  2. 未経験OK企業を多く扱っている
  3. 数年後を視野に入れたお仕事選び
  4. 書類審査通過91.4% 内定率80.4%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!