「転職サイト」「転職エージェント」の違い

データサイエンティストになる方法・なり方!需要と役割!将来性と仕事内容の定義!必要スキルやプログラミング言語!

データサイエンティストの意味や定義

「データサイエンティスト」という言葉をご存知ですか?

データ(事実、情報)のサイエンティスト(科学者)という言葉が示すように、ネット社会であふれるデータを扱う職業のことです。

 

MEMO
これまでとは一線を画した、新しいタイプのデータ分析のプロフェッショナルのことを指します。

データサイエンティストの仕事内容や役割

データサイエンティストの仕事は現場から得られたデータを分析し、その結果から解明した新しい手法を提示することで、企業の成長に貢献する仕事です。

 

主な役割
  • 最新のIT技術を用いて情報の収集
  • 利益をあげるための統計解析
  • 事業戦略などを打ち出す

 

具体的な例としては、企業のホームページのログイン履歴訪問記録などを参考に、どのようなターゲットにどう情報を出してアプローチするかの最適解を考えることなどです。

 

スポンサードリンク

データサイエンティスト 需要と将来性

これまでは企業は実践をもとにした様々なデータを持ちつつも、それをうまく経営に活かせていませんでした。

最新のテクノロジーを駆使して膨大なデータを整理し、新たな企業戦略を打ち出すデータサイエンティストはこれからの企業にとって欠かせないパートナーになります。

 

まだ認知度が低い仕事ではありますが、経済が頭打ちになりモノが売れにくい世の中では重宝される存在になるでしょう。

MEMO
高いスキルをもつ人は年収が1000万円を越えることもあり、夢のある職業です。

 

スポンサードリンク

データサイエンティストのなり方・なる方法

いわゆる看護師のように特別な資格が必要な仕事ではありません。

しかし専門職であり「統計学」に関する資格などがあるとそのスキルを証明しやすくなります。

 

またビッグデータを扱うための「データベース全般」や、実際にデータを扱うための「プログラミングスキル」、データを活用するための「経営学」に関する知識が必要です。

基礎講座のオンライン学習

「データサイエンティストの基礎講座」をオンラインでも学べる「通勤講座」は非常にオススメです♪

基礎講座の詳細を確認

 

カリキュラムはこの通り非常に丁寧な流れで基礎から学習できます。

無料でお試し受講できるので安心です。

無料でお試しの詳細

データサイエンティストの求人

それらのスキルを習得したうえで、エンジニアやIT業界に強い就職情報サイト「Forkwell」で求人を探せば、データサイエンティストとしての道が拓けます。

Forkwell 公式サイト

データサイエンティスト 必要スキルやプログラミング言語

汎用的なデータベース管理システム「Oracle Database」を扱うスキルはぜひ身につけたいです。

プログラミングの言語も複数ありますが、普及度が高い「Python(パイソン)」は習得しておくと役に立ちます。

比較的初心者でも扱いやすい言語のため独学でも学べますが、スクールやオンライン講座「Aidemy(アイデミー)」を利用すると、企業の即戦力に慣れるような実践的な学びが可能です。

Aidemy 公式サイト

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!